スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 バイオリンの選び方ーf字孔の段差編
2008年07月03日 (木) | 編集 |
投票ボタンをポチッと応援してね♪
blogram投票ボタン





080704_1435_0001.jpg


バイオリンを購入する為に探している時に、値段は同じくらいだけど何か違うと感じる事があるかもしれません。

それは、手工品と量産品との違いかもしれません。

量産品は型があって、それをプレスする作り方のはずです。

上記の写真を見てみて下さい。
(斜め上から撮ったものです)
バイオリンのf字孔の外側と駒側に段差があります。

080703_2244_0001.jpg


上の写真(真横から撮ったもの)を見てもらってもわかるように、手工品のバイオリンでは段差があるんです。

表板が膨らんでいると太い音が出やすくなります。

膨らみを作るには、その段差が必要になってくるんですよね。

手作りの場合はそういうこだわりをもって作っているそうです。

全てではありませんが、量産品は機械的に削ってしまうため、膨らみが少ないものが多いんですよね。

なので、太い音を出したくても出せないんです。


バイオリンを探す時には、その段差を見て弾き比べをしてみるのも面白いかもしれませんね%83L%83%89%83L%83%89


アッコ先生のバイオリン自宅レッスン教室での無料体験レッスンのお申し込みは、右上のお申し込みフォームからご連絡ください200802252

場所は、東京の地下鉄有楽町線の「小竹向原駅」(池袋から6分)です。

猫アレルギーのある方は、念のため申し訳ありませんがご遠慮下さい%8B%83%82%AB%8A%E7


投票ボタンをポチッと応援してね♪
blogram投票ボタン





コメント
この記事へのコメント
★参考程度で
こんばんは。
絶対ではないんですけどね。
そういうちょっとした豆知識みたいな事を覚えておくと、次回バイオリンを探す時に、段差を見て弾き比べをしてみるのも面白いかなと思います。

2008/07/09(Wed) 14:55 | URL  | kuritiro #SUrRdnzA[ 編集]
段差ありました
こんばんは
f字孔の段差の話は知りませんでした。おそるおそる、私の所有する2台のヴァイオリンを見てみましたが、段差ありました、よかった。でもその程度については微妙かも。
2008/07/08(Tue) 23:56 | URL  | forever #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。