スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 バイオリンの選び方ー新品より中古?!
2008年06月16日 (月) | 編集 |
投票ボタンをポチッと応援してね♪
blogram投票ボタン





初めてバイオリンを買う時って、憧れていたバイオリンだったりするから、綺麗なバイオリンを選びたくなったりしますよね?

習っても続くかどうか不安だったりすると、最初はあまり高くない物を考えたりします。

そうすると、オールドバイオリン(100年以上経ったもの)を選ぶ事は出来なくなります。

新しめのバイオリンとなると、新作だったり、まだ作られて数年だったりしますよね?
綺麗なバイオリンを選びたい!

それは大切な事です。

ヒビだらけだったり、削れ過ぎたりって物は、あとあと修理が必要になって来たりもします。

そう言う物は避けた方が良いとは思います。

でも、まだ全く弾かれていないピカピカの新作より、作られて数年でも経っていて弾いてもらっていたバイオリンの方が鳴りが良いんです%8AG%95%B6%8E%9A%96%BC%82%F0%93%FC%97%CD%82%B5%82%C4%82%AD%82%BE%82%B3%82%A2

バイオリンは弾いてもらえば弾いてもらう程、鳴る様になります。

まだ鳴らないバイオリンを鳴る様にするより、鳴るバイオリンを更に鳴らす様にする方が気持ち良く弾けますよね?

新作のバイオリンを買うのは、とは言いません。

でも、バイオリンの中からいっぱい鳴って来ている物を選んだ方が弾く自分が楽に気持ち良く弾けるんじゃないかな?とは思います。

バイオリンの場合、新品をと考えるより、中古をと考える方が良いバイオリンに巡り会えるかもしれませんね%83L%83%89%83L%83%89


アッコ先生のバイオリン自宅レッスン教室での無料体験レッスンのお申し込みは、右上のお申し込みフォームからご連絡ください200802252

場所は、東京の地下鉄有楽町線の「小竹向原駅」(池袋から6分)です。

猫アレルギーのある方は、念のため申し訳ありませんがご遠慮下さい%8B%83%82%AB%8A%E7


投票ボタンをポチッと応援してね♪
blogram投票ボタン





コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。