スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 バイオリンの固い音から脱出!
2008年03月18日 (火) | 編集 |
投票ボタンをポチッと応援してね♪
blogram投票ボタン





習い初めの人は特にそうですが、数年弾いてても音が固くなっている人、固い音に耳が慣れてしまって固い音になっているのに気が付かない人、色々な人がいると思います。

自分では、力は入れていない、力を入れているつもりはない。

そういう人も多いと思います。

でも、実際力がいつの間にか入ってしまっている人も結構多いんですよね。

どこに力が入ってしまっているのかわからない人もいます。
基本的には、弓を持つ右手、弦を押さえる左手には力を入れないようにします。

弓も落としてしまうかもと思うくらいの持ち方で十分です。

左手も、弦が指板についていればちゃんと音は鳴ります。

それ以上にギュッと押す必要はありません。

では、他にどこの力を抜くか?

まずは両膝の力を抜いてみましょう%82%D0%82%E7%82%DF%82%AB

ひざの力を抜くと、結構全身の力は抜けやすくなります。

それに、曲に乗って体を動かしやすくなります。

足の親指に体重を乗せる様にして、ひざの力を抜きます。

そうすると、体が楽になります。

あとは、見落としがちなのが、あごです%8A%BE%82Q

肩当てをしている人は特に、楽に顎と肩に楽器がハマっている様に感じますが、意外とあごをギュッと押して持っている人って多いんです。

顎当てにいっぱいあごを乗せている人ほど、あごに力が入っているんです。

顎当ての高くなっている所に、あごを引っ掛ける様にしてバイオリンを持ってみて下さい。

そうすると、あごの力はかなり抜けます。

そうする事によって、音の鳴りが良くなったら、色々な所で力が入っていた事になります。

一つ一つ力を抜いては弾いてみて下さい。

どこの力を抜いた時に鳴りが良くなったかがわかれば、そこの力の抜き加減を注意すればより良い音が出る様になると思います。


%82%D0%82%E7%82%DF%82%AB今日のちょっとしたコツ

1 右手の力を抜き、軽く弓を持つ

2 左手は、弦が指板につく位で、それ以上には押さえつけない

3 足のひざをちょっと曲げたりして、力を抜いてみる

4 あごを顎当てに引っ掛ける様にして、あごの力を抜く


この4つを試して音の違いを聴いてみて下さい烈

力が抜ける様になれば、固い音から脱出出来る様になります%82%AB%82%E7%82%AB%82%E7


アッコ先生のバイオリン自宅レッスン教室での無料体験レッスンのお申し込みは、右上のお申し込みフォームからご連絡ください200802252

場所は、東京の西武池袋線の「桜台駅」(池袋から9分)から徒歩1分です。

猫アレルギーのある方は、念のため申し訳ありませんがご遠慮下さい%8B%83%82%AB%8A%E7


投票ボタンをポチッと応援してね♪
blogram投票ボタン



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。