スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 バイオリンの選び方ーバイオリン探しの音編
2008年04月28日 (月) | 編集 |
投票ボタンをポチッと応援してね♪
blogram投票ボタン





前回は、バイオリンの価格について書きましたが、今回は選ぶ時のお話をします。


楽器屋さんには、常時バイオリンが弾ける人を置いているお店と弾ける人がいないお店とあります。

全くの初心者の方がバイオリンを買いに行った場合、バイオリンが弾ける人がいないお店で買うのはかなり難しいと思うんです%8B%A9%82%D4

もし、習うバイオリンの先生を見付けていたら、先生に相談してお店に付いて来てもらえると良いとは思います。

先生をまだ見付けていない、先生と都合が合わないと言う場合は、お店に行く前に問い合わせをして、弾ける人がいるのか確認をして、弾ける人がいるお店を優先して回ると良いと思います。

バイオリンは一本一本、本当に音色が違うものです。

国別でも特徴はあります。

イタリア、フランス、ドイツ、イギリス、チェコ、中国、日本・・・色々な国のバイオリンがあります。

予算内での色々な国のバイオリンを出してもらうと言うのも良いですね%8AG%95%B6%8E%9A%96%BC%82%F0%93%FC%97%CD%82%B5%82%C4%82%AD%82%BE%82%B3%82%A2

そして、まず自分の好きな音色の国を選ぶと良いかもしれません。

国が選べたら、その中から自分の好きな音、心地良い音が出るバイオリンが選びやすくなるでしょう。


でも、予算を決めていても、全く同じ値段の楽器を色々用意するってのは難しいです。

どうしてもちょっと幅があります。

なので、逆に値段は聞かないで、音だけを聴いて選んで下さい。

値段を先に聞いてしまうと、高い物が良い音の様に錯覚してしまう事があります。

錯覚ではなく、本当の音だけを聴いて下さい。


音の違いなんてわかるのかな?!

そう考えてしまうかもしれません。

でも、実際色々並べて次々聴いてみると、おおざっぱかもしれないけど、違いはわかるものです。

大丈夫です。
音色が全部同じ、全く違いがわからないなんて人はいません。

お店の人か先生に弾いてもらえれば、この音好きだなぁと思うのがあると思います。

一目惚れしてしまうほどのバイオリンに出会えれば最高ですが、そうでなかったら、何件かお店を回っていろんなバイオリンの音を聴いて選べたら、その方がよりお気に入りのバイオリンに出会えるでしょうh


自分だけのお気に入りのバイオリンが見つかる様、出来るだけいろんなバイオリンの音を聴いて下さいね%82%C9%82%C1%82%B1%82%E8


アッコ先生のバイオリン自宅レッスン教室での無料体験レッスンのお申し込みは、右上のお申し込みフォームからご連絡ください200802252

場所は、東京の地下鉄有楽町線の「小竹向原駅」(池袋から6分)です。

猫アレルギーのある方は、念のため申し訳ありませんがご遠慮下さい%8B%83%82%AB%8A%E7


投票ボタンをポチッと応援してね♪
blogram投票ボタン





コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。