スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 バイオリンの弦の押さえ方
2008年03月18日 (火) | 編集 |
投票ボタンをポチッと応援してね♪
blogram投票ボタン





弾き出した瞬間良い音が出ない、弾いているうちに音が鳴り出すなんて事はありませんか?

そういう時は、左指の押さえ方が悪かったりします。

指の押さえ方は、爪の真ん中辺りに弦が来て、そこから45度の位置で押さえると良いと言われています。

しかし、1の指(人差し指)は真横に向いて、弦と爪が平行になってしまったりする人もいます。
1の指と2の指(中指)の第二関節をくっつけようとしてしまうとそうなってしまいます。

まぁ、力が入ってしまうとそうなりやすいみたいなんですが%83K%81%5B%83%93

指の関節同士は、どの指でもくっつけようと思わない方が良いですね。

向きは45度。

そして、指先に力を入れなくても指の重さを感じる様に、上から下ろす。

その時に、あまり肘が外に出過ぎていると、指先ではなく、指の腹で押さえてしまうので、力が入りやすくなってしまいます。

ちゃんと指先で押さえる様にしましょう。

指先で押さえるのに楽な位置に肘を持って行った方が良いです。

指で弦を押さえると言う感覚ではなく、指を弦の上に下ろすと言う感覚の方が良いですね。

押さえると思うと力が入りやすいですから。

肘の位置をちょっと変えただけで、弦を押さえるのがとても楽になりますよ。

そして、弦に指を下ろす時に、ゆっくり下ろすと弓と指のタイミングがズレやすくなります。

そうすると、最初に書いた弾き出した時、良い音が出ないと言う風になります。

指板を叩く様にして、振り下ろすとタイミングがズレにくくなって音の立ち上がりもよくなります。


%82%D0%82%E7%82%DF%82%AB今日のちょっとしたコツ

1 左指の押さえる向きは、45度

2 指の重さを感じる様に、肘の位置をちょっと中にして指先で押さえる

3 押さえるのではなく、弦に指を下ろす

4 ゆっくり弦を押さえずに、指板を叩く様に指を振り下ろす


音の立ち上がりが悪い人、左手に力が入ってしまう人は試してみて下さい%83%89%83u%81%F4


アッコ先生のバイオリン自宅レッスン教室での無料体験レッスンのお申し込みは、右上のお申し込みフォームからご連絡ください200802252

場所は、東京の西武池袋線の「桜台駅」(池袋から9分)から徒歩1分です。

猫アレルギーのある方は、念のため申し訳ありませんがご遠慮下さい%8B%83%82%AB%8A%E7


投票ボタンをポチッと応援してね♪
blogram投票ボタン



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。