スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 バイオリンの弓の先の弾き方
2008年03月31日 (月) | 編集 |
投票ボタンをポチッと応援してね♪
blogram投票ボタン





バイオリンの弓の先で弾いている時に、横に滑ってしまうとか、音が弱々しく浮いた音になったりすることはありませんか?

そういう時にどうしていますか?

手で押さえつけて弾いてはいませんか?

そうしてしまうと、滑らないかもしれません。
浮いた音にならないかもしれません。

でも、それで良いと言う事はないですよね?
何が悪いのかを原因をちゃんと突き止めて、それを直さなくては良い音にはなりません%82%A0%82%BF%82%E1%81%5B

何が悪いのか?

右手の動かし方が悪いのは確かですよね?

でも、どう悪いのか?


滑ったり、浮いた音になる時は、手先で弾いている事が多いです。

弓の先になった時は、あまり右の二の腕をいっぱい使う感覚がないと思います。

でも、手先の重さだけでは軽いんです。

前に書いた記事に、弓をUをゆる~く広げた形の弧を描く様に書きました。

そうする事によって、重さがかかりやすくします。

でも、手だけよりも、腕の重さもかかった方がより弓が弦にちゃんと乗る様になります%8AG%95%B6%8E%9A%96%BC%82%F0%93%FC%97%CD%82%B5%82%C4%82%AD%82%BE%82%B3%82%A2


では、腕の重さをちゃんと右手に伝える様にするには、どうするのか?

右腕の肘を鏡などで見て下さい。

肘の向きはどうなっていますか?

肘が斜め下向きになっていますか?
それとも、斜め上向きになっていますか?

もし、下向きになっているのなら、肘をちょっと上向きにしてみてください。

弓を持ってではわかりにくかったら、何も持たずに弓を持っているフォームだけで肘の向きを下向きと上向きを変えてやってみて下さい。

そうすると、手の甲の向きが変わりましたか?

手の甲が自分の顔の方向に向く様になると思います。

感じがわかったら、弓を持って、弓は弦に乗せた状態にして、肘の下向きと上向きを試してみて下さい。

上向きにした時に、右手の小指よりも人差し指に重心がかかるのを感じると思います。

そして今度は、弓を返す時にちょっとだけ二の腕を上げ下げしてみて下さい。

それで手先に力を入れなくても、弱々しい音にならなくなります。

手先で方向を微調整しようとする方が逆に変な向きになって滑りやすくなってしまうんですよ%8A%BE%82Q

なので、弓を返す時に二の腕を上げ下げすると、それに手が付いて来て変に微調整しようとしなくなって、弓が滑りにくくなります。

弓の先で二の腕を上げ下げするには、肘が上向きになっている方がやりやすいんです%81I

肘を上向きにするというのは、手に腕の重さを伝える事も出来るし、弓の上げ下げがしやすくなって、一石二鳥なんですよ%8AG%95%B6%8E%9A%96%BC%82%F0%93%FC%97%CD%82%B5%82%C4%82%AD%82%BE%82%B3%82%A2


%82%D0%82%E7%82%DF%82%AB今日のちょっとしたコツ

1 弓の先に行く時も、肘が下がり過ぎない様にして、手に腕の重さを伝えてあげましょう!

2 弓の先で返す時に、二の腕を上げ下げして、手先で弓の方向の微調整をしようとしないようにしましょう!


弓の先の方になっても、滑らず、浮いた音にもならず、固い音にもならず、響きのある良い音で弾ける様にしましょう%83E%83C%83%93%83N


アッコ先生のバイオリン自宅レッスン教室での無料体験レッスンのお申し込みは、右上のお申し込みフォームからご連絡ください200802252

場所は、東京の西武池袋線の「桜台駅」(池袋から9分)から徒歩1分です。

猫アレルギーのある方は、念のため申し訳ありませんがご遠慮下さい%8B%83%82%AB%8A%E7


投票ボタンをポチッと応援してね♪
blogram投票ボタン



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。