スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 バイオリンの発音の良い移弦の方法
2008年03月27日 (木) | 編集 |
投票ボタンをポチッと応援してね♪
blogram投票ボタン





バイオリンの移弦をするタイミングってどうしていますか?

移弦をした後の音の発音は良い状態になっていますか?

移弦をした後の音が、ヒャーと言う発音になっていたり、かすれたり、なんとなくその音が出たりとなってしまった場合は、移弦が失敗だったという事になります%8B%83%82%AB%8A%E7

移弦が上手くいけば、良い音が出てくる様になります。
では、どういうタイミングだと良いのでしょう?!

失敗した時の移弦のタイミングは、その音を弾こうとした瞬間に弓をその弦に移すんです。

弾こうとした瞬間だから、上手くその弦に乗ったか乗らないかのうちに弾いてしまってるんです%8A%BE

弓がちゃんと弦に乗っている状態から弾き始めないと良い音は出にくいんです。

弦にちゃんと乗った状態になるタイミングと言うのは、その音を弾く時に移弦をするのではなくて、前の音が終わった途端に移弦をするんです。

早いとそのタイミングの違いがわからないかもしれません。


では、その練習をする為に、A線からE線に移弦をする練習をしてみましょうbikkuri01

解放弦でまずはやった方がいいでしょう。

左手の事を考えてしまうと、弓のタイミングに集中出来ないでしょうからね%82%BD%82%E7%82%E8

まずA線をゆっくり弾きます。

弾き終わったら瞬間にE線に移弦をします。

そこでE線の音は弾かない様にして下さい%82%D0%82%E7%82%DF%82%AB

E線に移弦をしただけで動かさないんです。

A線を弾き終わってから、のんびりE線に移弦をしていたら、曲を弾く時には間に合わなかったりしてしまうので、出来るだけパッとE線に移弦をして止まる!と言う様にして下さい。

ダウンからアップ、アップからダウンの両方でもやって下さい。

逆にE線からA線でも、弾いて移弦をしたら止まると言う練習をした方が良いですね%8AG%95%B6%8E%9A%96%BC%82%F0%93%FC%97%CD%82%B5%82%C4%82%AD%82%BE%82%B3%82%A2

最初は、移弦したら止めようと思っていても弾いてしまうかもしれません。

そこをぐっと我慢して、止めて下さい!

そのうち弾き終わったら移弦をする事に慣れていきます。

なんでも慣れですからね%83E%83C%83%93%83N

慣れて来たら、発音の良い移弦が出来る様になってくると思います。

試しにやってみてください200802252


%82%D0%82%E7%82%DF%82%AB今日のちょっとしたコツ

1 弾き終わった瞬間に移弦をする!

2 弾く直前には移弦をしない!


アッコ先生のバイオリン自宅レッスン教室での無料体験レッスンのお申し込みは、右上のお申し込みフォームからご連絡ください200802252

場所は、東京の西武池袋線の「桜台駅」(池袋から9分)から徒歩1分です。

猫アレルギーのある方は、念のため申し訳ありませんがご遠慮下さい%8B%83%82%AB%8A%E7


投票ボタンをポチッと応援してね♪
blogram投票ボタン




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。